名古屋の扇子職人によるこだわりの鉄扇(てっせん)・扇子

鉄扇について

鉄扇とは

鉄扇は武家社会のおり、刀を持てない場所などにおいて護身用に携帯した鉄でできた扇子です。
上司などの家に上がる場合などは刀を持って行けませんでした。

当時はたとえ上司といえども、いつ何時切りかかれるかわかりませんでしたので、自分の身をまもるために護身用として鉄扇を携帯していた人もいました。

その当時の鉄扇は、主として中の扇子部分のない鉄だけでできたものを使っていたようです。

藤沢周平さんの小説「決闘の辻」の中の「死闘(神子上典膳)」に、一刀流 小野次郎右衛門が将軍家の剣術指南役の身で、町道場の主を鉄扇で打ち殺し、その行状を咎められて島に流されたことがある。と書かれています。

また、NHKの時代劇ドラマ「陽炎の辻」で市瀬 秀和が左手に鉄扇、右手に刀を持って山本 耕史と戦う場面もありました。ステンレス鉄扇

刀を持たなくなった明治時代から鉄扇は中に扇子部分がついたものが広がりました。
昔の鉄扇といえば鉄で作られていたので当然親骨は黒色です。

現代では塗装技術が進歩し、鉄以外にもいろいろな金属にきれいな色を付けられますが、やはり鉄扇と言えば黒色の鉄扇を想像します。(写真上が黒色の鉄扇)

鉄扇は武道に使う道具ですから黒色の方が威圧的で強そうに見えますが、現代ステンレス鉄扇では、たとえば、電車の中で黒色の鉄扇を仰いでいるのは少し違和感があります。

女性や子供であればなおさらです。

他の人が大勢集まる場所においても同様でしょう。

このような意見を今まで随分聞いてきました。

そのような状況を考慮して扇八郎ではステンレスで鉄扇を作るようにしました。

見た目にやさしく、そして丈夫で強度があるステンレスの鉄扇です。CIMG2125

扇八郎の鉄扇はあくまでも護身用として作成していますので、ステンレス製の鉄扇はその目的のためにもピッタリのものと言えます。

これらが当店の鉄扇が鉄のかわりにステンレスを使って製作している理由です。(写真右がステンレス扇)

鉄扇の種類

鉄扇には扇子のように開くものと扇子部分のない開かないものの2種類があります。
当時は大きさ、重量などもさまざまで、使う人の体格・技法などによっていろいろなものが作られていました。6寸 藍色
昔の鉄扇を見てみますと、現代の鉄扇のようにスマートな形ではなく、いわば野性的といえるゴツイ形をしていました。

これは当時の鉄の加工は鍛冶職人が鉄を打ち鍛え、完全手作業で作るしか方法がなかったからだと思います。

また、鉄扇を携帯するのは男だけということもあります。

鉄の価格は現在に比べてはるかに高価なもでしたので、鉄扇は誰でも持てるものではなかったようです。

ですから、鉄扇を携帯できたのは中・上流階級の武士ということになり、下級武士は鉄扇を持つ余裕はなかったはずです。CIMG3509

高価な鉄扇が携帯できない人は、鉄の代わりに木で作ったものを使用していました。

やはり、防御できるものが何かほしいですから、鉄扇の代用で木扇です。

扇八郎では鉄扇も木扇も製作販売していますので、木扇にも興味を持たれた方は、手慣らし木扇の欄をご覧ください。

扇八郎では鉄扇と言う呼び名で製造・販売していますが、地金は鉄ではなくステンレスを用いています。
ステンレスは鉄に比べて加工がしにくく、高価になるという不利点がありますが、材質は硬くて、見た目にはやわらかで、武器という感覚があまり感じられないという利点があるからです。

ステンレス鉄扇

また、扇子の付いた形状の鉄扇を中心に製作していますが、常に激しい衝撃をともなう稽古をしなければならない道場での練習用に、「手慣らし」と呼ばれるステンレスの親骨だけでできている鉄扇も揃えています。

みなさまのご要望に添えるよういろいろな形の鉄扇を研究しています。

扇八郎鉄扇の種類:

扇八郎の鉄扇には下記のサイズの鉄扇があります。

① 一尺鉄扇

鉄扇の長さが一尺(約30cm)7寸 柿渋

② 8寸鉄扇

鉄扇の長さが8寸(約24cm)

③ 7寸鉄扇

鉄扇の長さが7寸(約21cm)

④ 6寸鉄扇7寸

鉄扇の長さが6寸(約18cm)

鉄扇の親骨の研磨の種類:

鉄扇の親骨は金属で作られています。

武家時代の硬い金属は鉄や銅くらいしかありませんでしたので、鉄扇の親骨は鉄で作られました。

当時は鉄で道具を作るのは鍛冶屋さんがトンカチ・トンカチと鉄の塊を整形する方法しかありませんでしたので、鉄扇の親骨の表面は多少なりとも凸凹があるもので、きれいな研磨はなかったようです。真鏡面磨き

現代では鉄扇の親骨として使えるものは、他にたくさんの金属がありますが、耐久性や費用を考えるとステンレス に軍配があがります。

ステンレスの鉄扇の研磨はヘアラインか鏡面の2種類になります。

鏡面は読んで字の如しで、鏡のようにピカピカに研磨したものです。

扇八郎では通常の鏡面磨きよりもさらにきれいに磨いた真鏡面磨きにして邪気を払い、幸運を呼び込む鉄扇を製作しています。

ヘアラインの鉄扇は布で拭いただけでは取れない汚れや小さなキズなどは、自分できれいにできるようなヘアライン加工をしています。

 

鉄扇の中骨の種類:

鉄扇の中骨の材質は、ほとんどが竹を使っています。国産竹の中骨

扇八郎の鉄扇の竹の中骨は、島根県産の竹を用い、すべて手作業で作っています。

中には中骨も鉄で作られているものもありますが、竹よりも弾力性がないので、鉄扇を開閉する時に時間がかかりますし、衝撃で曲がってしまった場合などに修正が困難であるという欠点が生じます。

最近では鉄扇の親骨と中骨の両方をステンレスで作ったものもありますが、鉄の中骨と同様に修正が困難であるということと、製作単価が跳ね上がります。

鉄扇の扇子紙の種類:

扇八郎では扇子紙は和紙を使って独自に染めたものを使っています。

鉄扇の「要」「かなめ」:

扇子を開く際に握りの部分に留めてあるプラスチック性のピンのことです。要

扇子を開け閉めする時に、この要が中心になって扇形に開閉します。

高級扇子の場合は、この要にも高価な素材が使われます。

鉄製の鉄扇の場合は強度が必要になりますので、鉄で作られますが、扇八郎の鉄扇はステンレスで作られていますので、要もステンレス製です。

また、扇八郎の鉄扇は、他の鉄扇と違って扇子紙の部分が損傷した場合に簡単に取り替えられるようにシンプルな構造で破損にも強いように工夫されています。

そのため、要のボルトを緩めて行くと最終的には外れるようになっています。

鉄扇の修理

鉄製の鉄扇はサビが出ますが、当店の鉄扇の親骨はステンレスでできているので、普通の使い方をしていれば、サビません。7寸、8寸 扇子紙 4色

 しかし、塩分や薬品やそのほかの汚れで変色したり、サビが発生したりすることもあります。
使用状況によってサビることもありますので、あらかじめご了承ください。

扇八郎でも鉄扇の中骨には国産の竹を使用しています。

最近は中国産の竹がほとんどを占めており、国産の竹で作るのが

困難になってきています。

中国産の竹は国産に比べてカビが発生しやすので、当店ではあえて国産の竹にこだわって製作しています。

親骨に付いてしまった汚れは、やわらかい布などできれいにふきとってください。

中骨部分に付いた水分等のよごれもしっかりとふき取って手入れしてください。
とにかく、 使用したあとは、やわらかい布等で水分や汚れを落として保管していただくことが、鉄扇をきれいなまま長持ちさせる一番の方法です。

鉄扇の修理について

扇八郎の鉄扇はステンレスの親骨を使った鉄扇です。

鉄扇の両側にはステンレスで作られた親骨が2本あります。一尺用扇子紙 4色

鉄扇の親骨と親骨の間には和紙で作られた扇子紙が貼られています。

その扇子紙には竹で作られた中骨が11本通っています。(一尺では11本。その他は13本)

そして、鉄扇の親骨の下の部分には「要」と呼ばれる金属のピンが留めらていて、鉄扇全体が開閉しやすくする役目を持っています。

普通の扇子は、「要」が固定されており、簡単に 取り外しができませんが、 扇八郎の鉄扇の「要」は取り外しが出来るようになっています。

鉄扇を構成しているそれぞれの部品を簡単に交換することを目的としています。

ステンレス製の鉄扇は鉄よりも硬くて丈夫でキズが付きにくいのですが、強い衝撃を受けたり、硬いものにぶつけたりしますと、やはり変形したりキズが付いてしまいます。鉄扇の親骨 ステンレス製

キズなどが目立って気になるようになった時には、親骨を外して再研磨が出来ます。

再研磨できないくらいの凸凹状態になりますと交換ということになります。

竹でできている中骨や扇子紙は消耗品という位置付けで、破れたり破損した時には交換できます。

「要」自体も衝撃でゆがんでしまって鉄扇の開閉に支障がきたされた場合には交換となります。

これらの交換作業は自分で出来ますので、費用の面からいっても大変助かると思います。鉄扇の要 ステンレス製

鉄扇の親骨が著しく変形している場合は修正できないことがありますので、あらかじめ写真などで状況を説明していただけると的確な判断ができます。

 

扇八郎の鉄扇は一生使っていただけるように製作しております。

 


 
Copyright © 2012 Senpachiro. All Rights Reserved.