ホーム > すべての商品 > 木扇 > 木 扇   肥  松

木 扇   肥  松

肥  松(こえまつ):

「脂」 をたっぷり蓄えた松。 「出雲大社」の樹齢300年以上の「黒松材」。 近年は松くい虫などの害虫によりほとんどが枯死してしまったため、10年くらい前から日本国内には良いものがほとんど出回らなくなってしまった貴重な材種です。 長期保存させていました。

扇八郎の肥松木扇:

扇八郎の木扇は、通常の扇子とは少し違っていて、ある程度の護身もできるように意図的に親骨と握り部分が太く作られています。 特にこの肥松の木は大変柔らかいので、護身用には不向きなのですが、なんとか対応できるように考慮しています。 したがいまして、いわゆる、ずんぐりむっくりした形に仕上がっています。 現在320番手のペーパーまで磨いてありますが、今後これ以上のペーパーで研磨、そして、常時乾いた布で磨きこんでいただきますと、磨けば磨くほど艶が出て、飴色のすばらしい肥松木扇になります。 40年ほど長期乾燥させてありますが、まだほんの少しづつ脂分がにじみ出てきます。 磨き込んでいくうちにこれらは収まります。 磨き込みが楽しくなる魅力的な肥松木扇です。

 

 

 

肥松木扇:                                      肥松の木自体は松ですので木の硬度は高くありません。 本来、護身用としての使い方には適していないかもしれませんが、親骨の太さをいろいりなサイズで作製してありますので、護身用としても使いたいと思われている方は、親骨の太いものを選んでください。 同じサイズのもので価格が違うのは、脂の入り方が違うためです。 より霜降り状態のものの方が高い価格になっています。

商 品 名: 6寸 肥松木扇

商品№: 188ー63 雲龍和紙 「こげ茶色」 京都伝統工芸士作

長 さ: 188mm、 重 量: 63g、 天 幅: 18mm、 親骨厚: 8~11mm

価 格: ¥27,800円(税・送料込み)

 

肥松木扇の説明:

出雲大社の樹齢350年黒松。 伐採後40年以上経過。 仕上げ塗装はしていません。 自然の肥松の地肌です。 出雲大社の「お守り」としてもどうぞ。

扇子紙の種類は、いろいろ選べます。 鉄扇欄に載せてある手描き絵の扇子紙も同様です(手描き絵の場合は、価格を問い合わせてください)

 

商 品 名: 6寸 肥松木扇

商 品 №: 190-82 雲龍和紙 「こげ茶色」 京都伝統工芸士作

長 さ: 190mm、 重 量: 82g、 天 幅: 20mm、 親骨厚: 10~11mm、

金 額: ¥28,800円(税・送料込み)

 

商品名: 6寸 肥松木扇

商品№: 187ー78)  雲龍和紙 「みどり」  京都伝統工芸士作

長 さ:187mm、 重 量:78g、 天 幅:20mm、 親骨厚:10mm

価 格: ¥29,800円(税・送料込)

 

肥松木扇の説明:

一番始めに掲示しています 6寸肥松と同様です。

 

商品名: 6寸 肥松木扇

商品№: 193-85  雲龍和紙  「白 色」  京都伝統工芸士作

長 さ: 193mm、 重 量: 85g、 天 幅: 21mm、 親骨厚: 8~11mm

価 格: ¥30,800円(税・送料込

 

肥松木扇の説明:

一番初めに記載しています 6寸木扇と同様です。

 

商品名: 7寸 肥松木扇

商品№: 218-105  雲龍和紙 「むらさき」  京都伝統工芸士作

長さ:218mm、 重量:105g、 親骨厚:10mm、 天幅:21mm

価 格:¥30,800(税・送料込)

 

肥松木扇の説明:

一番初めに記載してあります 6寸肥松木扇と同様です

 

商品名: 7寸 肥松木扇 

商品№: 217-100 雲龍和紙 「紺 色」 京都伝統工芸士作

長 さ: 217mm、 重 量: 100g、 親骨厚: 9~11mm、 天 幅: 20mm 

価 格: ¥32,800円(税・送料込み)

 

肥松木扇の説明:

一番初めに記載してあります 6寸肥松木扇と同じです。

 

商品名: 7寸 肥松

商品№: 221-120 雲龍和紙  「桃 色」  京都伝統工芸士作

長 さ: 221mm、 重 量: 120g、 天 幅: 22mm、 親骨厚: 10~12mm

価 格: ¥32,800円(税・送料込み)

 

肥松木扇の説明:

一番始めに記載してあります 6寸肥松木扇と同様です。

 

商品名: 8寸 肥松木扇

商品№: 24-102  和 紙  「うす桃色」 (光の当たり方で、少し薄く映っています)

長さ:243mm、 重量:104g、 天幅: 21mm、 親骨厚:10mm、

価 格: ¥26,800円(税・送料込) 雲龍和紙に代えると、¥28,800円

 

商 品 名: 8寸 肥松木扇   

商 品 №: 241-139 雲龍和紙  「赤 色」  京都伝統工芸士作

長 さ: 241㎜、 重 量: 139g、 天 幅: 25mm、 親骨厚: 10~11mm

価 格:¥36,800円(税・送料込)

 

当ホームページ記載の一番上のものと同じです。この8寸肥松木扇は、特に脂分を多く含んでいますので、削りを極力少なくしています。 そのため、親骨が少し太くなっています。貴重で、大変価値があるものです。

 

扇子紙の種類は下記記載の雲龍和紙8種類からも選ぶことができます。 また、鉄扇の項目にのせてあります「入魂手描き絵」も全種類セッティングが可能です(価格は異なりますので、お問い合わせください。)

 

この肥松木扇の説明: 日本を代表する出雲大社の樹齢350年以上、 幹の直径1mの黒松。 40年以上前に伐採、製材、乾燥。 あめ色の霜降り肥松。 今後は二度と手に入手できない超希少な肥松。 出雲大社でも販売していません。 お守りとしても身に着けて携帯していただけます。

備 考:今回の肥松の中でも最高の霜降りです。 ゆえに極力重量を落としたくなかってので少し太めになっています。

親骨の表面処理は一切してありませんので、肥松の素材そのままの状態です。 にぎり部分などをもう少し細くしたい場合には、ご自分でも研磨加工して、お好みの状態にすることが可能です。 現在は親骨全体が脂分で少しベタ付く感じになっています。 今後時間のあるときに乾いた布で磨いていただいていますと、やがてこのベタ付きは少しづつ収まり、すばらしい光沢がでてきます。後世に残していただきたい黒松肥松です。

 

 

終了品

 

 

 

扇八郎の木扇

扇八郎木扇の親骨は、無着色・無塗装ですので、キズ等がある場合には、その状態がはっきりわかります。また、今では大変貴重な材種ですので、なるべく重量を減らさないように加工していますので、ゆがみが生じている場所もあります。もし、あまりに気になる場所がありましたら、ご自分で修正することが可能です。修正方法などが不安でわからない場合には、お気軽にお問い合わせください。扇八郎の木扇は、邪気を払い、扇子紙の末広がりが幸運を呼び込む木扇扇子です。                 

 

上記の扇子紙以外に鉄扇欄に載っている各種の扇子紙の種類(入魂手描き・手描き・雲龍・他)に代えることが出来ますので、その場合には、金額等をお問い合わせください。

 

関東近隣にお住まいの方で、実際に現物をご覧になりたい場合は、メールにてその旨を申し出てください。

出来る限り場所と時間を調整いたしますので、直接お会いして鉄扇を見られるようにします。

また、遠方にお住まいの方は、ご質問の内容に沿って、その部分の写真をメール送信しますので、判断材料にしてください。

 

 
Copyright© Senpachiro. All Rights Reserved.