名古屋の扇子職人によるこだわりの鉄扇(てっせん)・扇子

鍛冶職人が作った小刀  

投稿日:2016.02.16

左久作(池上喬庸) 作左久作(池上喬庸) 作左久作(池上喬庸) 作 左久作(池上喬庸 作

 


            

 

江戸鍛冶職人二代目左久作(池上喬庸)作の切出し小刀です。(上部6枚)左久作(池上喬用) 作

二代目はすでに亡くなられており、現在は三代目が跡をついでいます。

写真の切出しも偶然の出会いがあり、入手しました。

年代は少し経ていますが、未使用の新品です。

入手してからこの方が有名な江戸鍛冶職人であることを知りました。

出来がよさそうなので何本がほしいと思い探してみましたが、左久作(池上喬用) 作

すでにどこの刃物屋さんにも在庫はありませんでした。

三代目に確認していただいたところ、製作は二代目で研ぎは三代目が行ったとのこと。

そして地金は三原鉄だそうです。

 刃 長:51mm  

 全体長:188mm 

 最大幅:23mm 

 最小幅:20mm 

 肉 厚:3.8~4mm   

 重 量:102g

 

もうあきらめていた時にもう1本との出会いがありました。(右下5枚)左久作(池上喬用)ハバキ

それが右の写真のものです。

通常の切出しとは少し形状が違っています。

正確な名称は「ちりだまり小刀」とのことでした。

刀のハバキにホコリやゴミがたまった時に、これで掻き出すそうです。

刃の先端の部分が少し丸くなっています。左久作(池上喬用)ハバキ

めずらしいので手元においてあります。

これも年代を経ていますが未使用の新品です。

これも二代目が製作し、三代目が研いだものと言われました。

地金は出雲鉄だそうです。

刃物屋さんが言うには、この方の作品はすでに貴重で価値があるとのことでした。

左久作(池上喬用)ハバキ


 

 

 刃 長 42mm

 全体長:176mm 最大幅:23mm左久作(池上喬用)ハバキ

 肉 厚:4~5mm

 重 量:120g

 

実物をご覧になりたい方は遠慮なくご連絡ください。左久作(池上喬用)ハバキ

こちらに来ていただくか当方の近隣での出会いになりますが、時間の許すかぎり対応させていただきます。 

本作品に限らず、扇八郎のホームページに載せてあるものは何でも対象です。

また、すべてが非売品としているわけでもありませんので、こちらで保管しておくよりもお譲りした方がい左久作(池上喬用)ハバキいと

判断した場合には販売もいたします。

珍しいものや貴重なものを扇八郎で独占する考えは全ったくありません。   

 

 

 

 

 

 

       


 
Copyright © 2016 Senpachiro. All Rights Reserved.