名古屋の扇子職人によるこだわりの鉄扇(てっせん)・扇子

鉄扇・扇子紙の色が3色増えました

投稿日:2012.11.02

一尺(30cm)鉄扇・扇子紙の色が3種類増えました。

今までは無地(白色)のみでしたが、今回は(あさぎ色)、(シルバー・銀色)、(うす茶色)の3色が染め上ってきました。
名古屋で当店の鉄扇の仕上げ作業をしていただいているYさんが綺麗に色付けをしてくれました。
普通の紙と違って、扇子に使われている紙は特殊なために紙屋さんでは無地(白色)がほとんどです。まれにベージュ色がある場合がありますが、いろいろな厚さの紙には対応していません。ですから、扇子の紙の色は自分たちで染めなければならないのです。
今回出来上がってきたものは、ステンレスの親骨に合わせて薄めの色にしています。とても品のいい色に仕上がっています。さすがに腕のいい職人さんだなあと感心しました。
でも、あまりに品良くできているものですから、誠に残念なことに写真に撮って印刷してみると現物の本当の色が出てきません。ホームページの商品欄にも但し書きをしました。早く現物を見てもらえるような体制を作りたいとおもいます。

 
Copyright © 2012 Senpachiro. All Rights Reserved.